足の痛みナビ TOP → 足の痛みにやさしい靴 子供靴

子供靴

子供の頃から自分の足に合った靴を履き、バランスの取れた姿勢で歩きくことは成長過程においてとても重要なことです。子供靴はサイズの選び方などを間違えると子供が足を怪我したりしてとても危険です。

小さなサイズのきつい靴を履き続ければ、子供の足の成長を妨害してしまうことになりますし、大きいサイズの靴でも正しい歩き方や走り方が出来なくなってしまいます。そのため、子供靴を選ぶ際は骨の成長や正しい歩行などを妨げない物を選ぶようにして下さい。

子供の足には1人1人個人差があります。同じサイズの子供靴でも靴によっては小さかったり、大きかったりしますし、きつかったり、ゆるかったりもします。ですから、サイズで選ぶのではなくて履き心地をしっかりと見るようにしましょう。

大人の足の骨は成長が止まっていますが、子供の足の骨は成長を続けています。幼児の足というのは柔らかい軟骨と組織で出来ています。外部からの刺激を特に受けやすくなっているため、間違えた靴を選ぶと成長が妨げられるのはそのためです。

子供の足がきちんと成長することが出来るように子供の足にしっかりと合う子供靴を選ぶようにして下さい。甲の高さが調節出来たり、つま先は広く、厚みがある靴などはお勧めです。子供の足は早いスピードで成長しています。早めに買い換えることも忘れないようにしましょう。