足の痛みナビ TOP → 足の痛みにやさしい靴 ソール

ソール

靴底にあるソールをご存知でしょうか。踵は着地の衝撃を和らげるためにある程度のやわらかさと耐摩耗性が両立している必要がありますが、ソールは足のアーチを支え、その運動を有効に地面に伝えるためにある程度の弾力性がある方が良いとされています。弾力性というのは硬いということです。

ソールが硬いとどのようなメリットがあるのでしょうか?まず、1番のメリットは足元からのバネのような反発があることだと思います。反発があると歩く時などもとても楽です。メリットはそれだけではありません。

ソールが硬いと靴は力を分散することが出来るようになります。デコボコの道も歩きやすくなります。例えば石の上を歩く時でも石に乗っている部分だけに力が入るのではなく、足の裏の面で捕らえることが出来ます。疲れにくく楽に歩くことが出来るのです。

中にはつま先だけで立つことが出来るぐらいソールが硬くなっている靴もありますが、全く曲がらないような硬さのソールというのはほとんどなく、硬くてもある程度はしなるように作られています。靴底にあるソールは柔らかい方が良いと思っている方も多いですが、柔らかいと足にかかる負担も大きくなってしまいます。

硬いソールと柔らかいソールの靴を履き比べてみると両者の違いが良く分かると思いますが、ソールが硬い方が足がとても楽です。靴を選ぶ際はそういったことも注意してみるようにしてみて下さい。

足の痛みにやさしい靴


アピドラ 添付文書
アピドラの添付文書なら医療関係者向けの製品情報サイトで!

社章作成
http://www.pokers.jp/cb/cb.htm

不用品回収を岐阜
不用品回収を岐阜でならまごころ便利屋スマイルで!