足の痛みナビ TOP → 足の痛みにやさしい靴 インソール

インソール

人の足には3つのアーチが存在します。アーチというのは土踏まずのことで、このアーチを正しく保つことで正しい歩行をすることが出来るようになります。しかし、足のアーチを正しく保つことが出来ている人はとても少ないです。ですから、正しい靴選びと同時にアーチを正しく保つ必要があるのです。

人の足は、身体の1番下にありますので、地面と直接コンタクトを取る部分になります。歩いたり走ったりすると地面から衝撃を受けますが、この衝撃をアーチが吸収するという仕組みになっています。その逆で、蹴り出す時はアーチが高くなって推進力を発揮します。

アーチを正しく保つことが出来ないと膝や腰、背骨にまで衝撃が伝わって足が痛くなったり、腰が痛くなったりなどの症状が起こるようになります。それだけでなく、スポーツパフォーマンスも悪くなってしまいます。

アーチを保つ能力というのは靴にはありませんので、アーチを正しく保つためには自分の足の形に合うインソールを靴の中に入れる必要があります。インソールとは、靴の中敷きのことを言います。このインソールは自分の足のアーチに沿っているもので、地面からの衝撃を吸収する低反発素材で出来ています。足にフィットするもとを選ぶと効果が上がります。

インソールは安価でたくさん販売されていますが、値段の安いものは機能性がほとんどありません。あまりお勧め出来ません。足のアーチの前方の親指の付け根や足裏がフィットするものが良いので、出来るだけ自分の足の形にあった機能性のあるインソールを使用するようにしましょう。