足の痛みナビ TOP → 足の痛みにやさしい靴 つま先の余裕

つま先の余裕

靴を選ぶ時、基本的に足にぴったりの靴を選ぼうとします。ぴったりの靴を選ぼうとすると、つま先もあまり余裕のない靴を選んでしまう方が多いです。ぴったりの靴を探しているのですから、これは当然と言えば当然のことですが、つま先までぴったりの靴を選ぶのは間違いなのです。

逆につま先は少し余裕のある靴を選ぶようにして下さい。つま先の余裕は靴を選ぶ際にとても重要となります。目安としては手の親指で押してつま先の余裕が1センチメートルほどあるものを選びましょう。一概には言えませんが、だいたい1センチメートルほどの余裕は必要になると思います。

余裕が少ないと、指先が常に圧迫されるようになるため、足の指が痛くなったり、まき爪を起こしてしまうことにもなりかねません。また、足の指でうまく地面を蹴ることが出来ず、歩きにくくなります。ただ、余裕が大きすぎても歩きにくくなります。少しだけ余裕のある靴というのがポイントです。

指が自由に動かすことが出来るようにつま先の幅は広めで、最低でも5ミリほどはゆとりがあるのが理想的です。親指は、指の中で一番厚みがあります。ですから、靴を選ぶ際は親指の爪が上から圧迫されないかを同時にチェックするようにしましょう。

また、靴のサイズを大きくすればつま先の余裕は確保できますが、踵や中足部のサイズなども変わってくるので注意して下さい。底のつま先が上に反っていれば蹴りだしやすく歩きやすくなるので、その辺りもチェックすると良いかもしれません。

足の痛みにやさしい靴


小型貨物 大阪
小型貨物を大阪でお探しならならショーエイ倉庫株式会社にお任せください!