足の痛みナビ TOP → 足の痛みにやさしい靴 踵のホールド性

踵のホールド性

ディスカウントで売られている低価格の靴は立体的に裁断されていません。その分履きやすいようにスポンジ等でくるぶしやアキレス腱周辺を柔らかく作っているのです。しかし、そのような靴はある程度しっかりしていないと踵の骨をホールド出来ません。

靴のフィッティングをする際に大切なのは、踵のホールド感であると言われています。足の踵と靴がぴったりとし、抜けにくいことが大切です。その逆でつま先はあまりぴたっりとし過ぎていない方が良いと言われているため、若干のゆとりがある靴を選ぶようにしましょう。

道を歩いている人の足元などを見ればわかりますが、最近は靴をつま先で履いている人がとても多いです。靴をつま先で履いているのは、歩くたびに靴から足のかかとが脱げていることなのですが、これは踵のホールド感がフィットしていない証拠でしょう。

こうなってしまうと靴の機能すら十分に果たすことが出来なくなります。そのため、足が痛くなったり、靴ずれしたり様々な症状が出てくるようになります。踵のホールド力の高い靴を1度履くとそのフィット感に驚く方も多いです。フィットすれば歩いていてもとても楽になります。歩くだけでなく立っている姿勢もとても楽になるでしょう。

靴選び一つでもかなりの違いが出てくるのです。そのため、靴を選ぶ際は踵のホールド感を重視して選ぶようにすることを覚えておきましょう。