足の痛みナビ TOP → 足の痛みを起こす要因 カルシウム不足

カルシウム不足

カルシウムが足りないことで不安定な気持ちになる場合がありますが、それだけでなく足の痛み、攣り、しびれが出る場合もあります。足に症状が出た場合は、カルシウムの豊富な食事を心がけるようにしましょう。カルシウムを多く含む食材には牛乳やチーズなどの乳製品、小魚、レバーなどがあります。これらを食事に多く取り入れるようにすると良いでしょう。

また、カルシウムの不足が毎日続くと骨や軟骨組織が弱くなりますので、慢性的な筋肉の異常緊張が起こるようになります。筋肉の異常緊張が起こると肩コリ、腰痛、下肢の後面から足底部へ痛みが出る坐骨神経痛になりやすくなります。カルシウムが不足した時の症状や神経痛は、動かないで同じ姿勢をしている時に腰痛、腰が重苦しくなったりする特徴があります。

運動している時ではなく、動かないでいる時に感じるのも特徴です。膝が痛い、足首や足の甲に痛みが走るというように腰から伸びた末梢神経に沿って違和感が出ることもあります。朝起きた時に「しばらく腰が痛い」「足の関節などが痛い」のも代表的なカルシウム不足の症状ですので、このような症状が出たらカルシウムを意識して多く摂取するようにすることをお勧めします。

カルシウム不足になると特に理由もなく足の痙攣、ぎっくり腰なども起こしやすくなります。カルシウムが不足すると足の痛み以外にも様々な症状が出るようになるので気をつけるようにして下さい。

足の痛みを起こす要因


スクラブ 白衣
スクラブの白衣なら創業57年実績多数のe-UNIFORMで!

ワンタキソテール
ワンタキソテールなら医療関係者向けの製品情報サイトで!