足の痛みナビ TOP → 足の痛みを起こす要因 坐骨神経痛の原因

坐骨神経痛の原因

坐骨神経痛の主な原因として挙げられるのは、腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症、腰椎すべり症など腰の病気などがあります。高齢者の場合は、変形性腰椎症や腰部脊柱管狭窄症など変形疾患と関係していることも多いです。

腰が原因にも関わらず、腰ではなく足に痛みが来たりする場合もあるのです。そのため発見までに時間がかかる場合があります。坐骨神経痛の原因は様々です。原因によって治療の方法や治癒にかかる時間も異なります。以下に考えられる主な原因を紹介します。当てはまることがないかチェックしてみて下さい。

・神経の病気
神経自体が病気になると抹消神経の異常が出てくることがあります。そのため坐骨神経痛が起こり、歩くことが困難になるなどの症状が引き起こされます。

・脊髄病変
脊髄病変が起こっても坐骨神経痛が起こります。脊髄病変には骨の変形、骨折、椎間板ヘルニアなど様々な疾患がありますが、いずれの場合でも両足に自覚症状が出てきた時は注意するようにしましょう。

・脳疾患
脳疾患を起こしても坐骨神経に異常が起こります。脳疾患で起きる神経症状は、通常は半身の異常やしびれなどがほとんどです。

・感染症
へルペスウイルスなどの感染症にかかっても坐骨神経痛が起こることがあります。それだけでなく髄膜炎を発症することもあります。軽視しないようにしましょう。

・外傷
骨折や脱臼などの重度の外傷を起こすと同時に坐骨神経痛を引き起こすことがあります。早めに治療するようにしましょう。

足の痛みを起こす要因


アプロン スクラブ
アプロンのスクラブなら創業57年実績多数のe-UNIFORMで!

ホシザキの業務用
http://www.maido-thank.com/