足の痛みナビ TOP → 足の痛みを起こす要因 坐骨神経痛

坐骨神経痛

坐骨神経痛は脊椎管内の座骨神経根部が侵されることによって、下肢の後面から足底部へ痛みが出る神経痛です。坐骨神経痛では足のかかとが痛んだり、ふくらはぎや太ももの後ろ側のしびれや痛みを感じたりといった症状があります。

おしりの裏側から太ももの裏側にかけて、または膝から足先にかけて次第に広がっていく足のしびれを感じるのも特徴です。これによって足の感覚が敏感になり、靴で足が赤くなる場合もあります。足に刺激がないのにも関わらず足のしびれや痛みを感じる場合があります。

坐骨神経痛は腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊椎間狭窄症など腰に関する病気が原因となって起こることが多いです。坐骨神経はとても長い神経で、坐骨神経のどの部分に障害が出るかによって症状の出る範囲や症状の出方は大きく異なります。

坐骨神経痛の主な症状は、足の踵が痛んだり、ふくらはぎや太ももの後ろ側にしびれや痛みを感じることですが、足先まで痛みが広がっている場合は、痛みが痺れと混同してしまうため指の筋力にまで影響が出ることもあります。

そのまま放っておくと筋力が低下したり、排尿障害などの症状が出るようになることもあります。注意するようにしましょう。軽視せずに早めに病院に行くことをお勧めします。坐骨神経痛になると靴が足に合わないと感じるようになることも多いです。そのため「靴が原因で足が痛くなっているのだ」と勘違いする方も多いですが、坐骨神経痛が原因で靴が合わなくなるのだということを忘れないようにして下さい。

足の痛みを起こす要因


http://richidad-office.com/richdadofficetoha.html
http://richidad-office.com/richdadofficetoha.html

e-おくすり
e-おくすりなら医療関係者向けの製品情報サイトで!