足の痛みナビ TOP → 足の痛みを起こす要因 MRI撮影

MRI撮影

MRI撮影は足の痛みの原因を見つけるために有効とされ、病院でよく利用されています。足の痛みで病院に行くとまずはレントゲンを撮ることが多いです。しかし、足をレントゲン撮影しても診断できない場合などもあります。診断出来たとしてもレントゲンでは病状の詳細まで分からないことがほとんどです。

そういった場合にMRI撮影することで足の痛みの原因を発見することが出来る場合が多いのです。レントゲンだけで診断することが出来なかった時は、後日MRI検査を行うことになります。実際に足首から下が痛い・しびれる状態が数日続き、レントゲン検査をして異常がなかった方がMRI検査をしたところ椎間板ヘルニアだったことも少なくありません。

ですから、レントゲン検査などで異常がないと言われても症状が治まらなかったり、痛みが続くような場合はMRI検査を行ってもらうようにしましょう。足のMRI検査でも異常がない場合は、腰など他の部位が原因で足に痛みが出ていると考えることが出来ます。

MRI検査が初めての場合は、どのような検査をするのか、費用はどれぐらいかかるのかなど気になることがあると思います。MRIでは円筒形の中に移動して検査を行います。この円筒形の中はとてもうるさく、気分が悪くなって中断する方もいらっしゃいますが、足のMRIであれば中に入ることもありません。それほど音は気にならないでしょう。費用は大体1万円ほどになります。

足の痛みを起こす要因


不用品回収 千葉 成田 茨城
http://www.eco-harmony.co.jp/

リルテック
リルテックなら医療関係者向けの製品情報サイトで!