足の痛みナビ TOP → 足の痛みを起こす要因 脊髄神経

脊髄神経

脊髄神経というのをご存知ですか。脊髄神経というのは、末梢神経のうち、脊髄から分かれて出ている神経のことを言います。末梢神経は脊髄神経と脳神経に分けることが出来ますが、脳神経は迷走神経を除いて頭頸部にしか分布していないため、四肢・体幹を支配している神経は全て脊髄神経であると考えられます。

足の裏のビリビリとした痛みは、首を通る脊髄神経や頸髄の病気の1つの症状として現れることが多いです。頸髄や腰髄、そして神経根はその位置している場所によって足のしびれの原因となるのです。

しびれや痛みが出る原因は様々ですが、腫瘍、神経筋骨格の外傷やそれ以外の外傷、内出血、脊椎炎などで起こることが多いです。急激な外傷や急激な感染症で脊髄に異変が起こった場合は、脊髄ショックという症状が起こることもあります。

脊髄はとても大切な神経です。初期症状は大したものではありませんが、ひどくなると膀胱や肛門の括約筋の制御障害が出てきたり、足に力が入らないようになったりすることもあります。その他に何かをする時にふらついたり、足の痛みがひどくなって電気が走るような痛みが出るようになる場合もあります。そのような時は注意しなくてはなりません。

いずれの場合でも脊髄神経の異常が疑われる場合は、早めに病院に行くようにして下さい。足の両側に痛みやしびれがある場合は、早急に専門医の検査を受けましょう。症状がひどくなると取り返しのつかないことになってしまうことがあります。早期発見、早期治療がとても大切です。

足の痛みを起こす要因


那須 ペットと泊まれる宿
那須でペットと泊まれる宿なら那須の本格的な英国カントリー風の宿【ラピステ】で!

マーロックス
マーロックスなら医療関係者向けの製品情報サイトで!

ポスターを印刷する
http://www.rakuten.ne.jp/gold/dpris/