足の痛みナビ TOP → 足の痛みと椎間板ヘルニア 椎間板ヘルニアの治療法

椎間板ヘルニアの治療法

椎間板ヘルニアだと診断されると「もしかしたら一生腰が痛いままなのではないだろうか」と考える方が多いです。椎間板ヘルニアの症状は精神的にもつらく、それがこの先もずっと続くなんてと考えるとショックも大きいのです。

確かに椎間板ヘルニアは椎間板が潰れてしまうことから起こるため、潰れてしまった椎間板自体が完全に回復するのは難しいと考えるのは普通です。しかし、ヘルニアの痛みは数カ月から半年の内に治癒してしまう方が多いです。一生痛みが続いたりすることはほとんどありません。

ヘルニアの詳しいメカニズムは、今だに解明されていないことが多いですが、3ヶ月で60%の人は痛みが自然に改善したという報告もあります。椎間板ヘルニアの治療法として一般的なのは、保存的治療と手術ですが、ほとんどのヘルニアにおいては保存的治療を行います。

足のマヒが起こっている場合や、膀胱直腸障害などがあれば手術を行うこともあります。ただ、痛みが改善する理由で1番考えられることは自然治癒力です。保存的治療はもちろん大切ですが、ヘルニアの治療に1番有効なのは、人間が本来持っている自然治癒力であると言えます。

緊急に手術が必要な場合を除くと治療を辛抱強く行っていれば手術などしなくても次第に改善されていくことがほとんどです。前向きに考えた方が良いでしょう。信頼出来る医師の診断を聞いてどう治療していくのかをしっかり決めることが大切です。