足の痛みナビ TOP → 足の痛みと椎間板ヘルニア 椎間板ヘルニアの原因

椎間板ヘルニアの原因

足の痛みと関係のある椎間板ヘルニアの原因としては、スポーツや日常の生活動作などで急に起こる場合、もしくは特別な原因がなくてこれまでの生活習慣などから徐々に起こる場合の2種類があります。単なる足の痛みとして放って置くのは危険なのです。その他に椎間板ヘルニアが起こる原因には以下のようなことがあります。

・椎間板の老化が原因
・日常生活での運動が原因
・姿勢の悪さが原因でおきる背骨の歪み
・骨の老化によるもの

ヘルニアの原因となることはたくさんありますが、日常で予防することが出来る簡単な方法は姿勢です。老化を防ぐことは難しいですが、姿勢を正しくすることは出来ます。体の歪みがある人は、自然と楽な姿勢を取ってしまうようになります。

本来であれば重力によって大きな負担をかけているにも関わらず、歪みが生じていると姿勢が悪くなってもその負担に気づくことが出来ません。それだけでなく、歪みは血行不良や内蔵機能の低下の原因にもなります。血行が悪くなると冷え性、腰痛など様々な症状が出てきます。

背骨の歪みはヘルニアだけでなく、全身の症状に繋がる問題なのです。姿勢が悪ければ一定の箇所に負担がかかり続けることになり、椎間板ヘルニアを起こしやすくなるわけです。日常で長時間座ることが多い方や腰に負担をかける仕事をしている方などもヘルニアを起こしやすいですが、このような場合でも正しい姿勢をすることで、ある程度原因となる要因を防ぐことが出来ます。

つらい腰痛を引き起こさない為にも普段から正しい姿勢を心がけるようにすることをお勧めします。