足の痛みナビ TOP → 足の痛みと椎間板ヘルニア 腰痛と腰椎椎間板ヘルニア

腰痛と腰椎椎間板ヘルニア

腰痛と椎間板ヘルニアの判別は発症当初ではとても難しいと言われています。どちらも腰の痛みを伴うためです。腰痛というのは名前の通り腰の痛みのことを言います。筋肉の少ない女性や年齢の高い人によく発症します。これだけ一般的な腰痛ですが、慢性腰痛などは現在でも医学的に原因がはっきりと解明されていません。

中でも腰痛になりやすいのは、デスクワークを長時間行っている方や肉体労働をされている方ですが、これはヘルニアにも同じことが言えます。腰痛の痛みには電気が走るような鋭い痛みや力が入らないような痛み、鈍い痛み、激しい痛みなど様々です。

腰痛が原因で身体がだるくなったり、身体が重たくて動く気になれないような症状も出てきます。ひどい場合であれば、骨や筋肉などに問題があったり、内臓疾患から引き起こされている腰痛もあります。腰痛を軽視するのは危険です。

画像診断や血液検査でも異常がなく、また神経学的にも問題がないにも関わらず腰痛を引き起こしている方もたくさんいらっしゃいます。腰痛が起こるということは、身体が何らかのサインを出していることなのです。生活習慣の中で腰痛を引き起こしている原因はないかどうかを考える必要があります。

腰痛は筋肉の疲労や炎症から発生していると言われていますが、ヘルニアは違います。足の痛みやしびれが起こることも椎間板ヘルニアの発祥当初の症状になっている場合が多いのです。椎間板ヘルニアの場合は、一般的に前かがみの姿勢や長い時間座る事で痛みが強くなってくる事が多いのが特徴です。

足の痛みと椎間板ヘルニア


水素水ボトル
http://pcwater.jp/item03.html

ラスリテック
ラスリテックなら医療関係者向けの製品情報サイトで!