足の痛みナビ TOP → 足の痛みと椎間板ヘルニア 椎間板ヘルニアの症状

椎間板ヘルニアの症状

症状は程度によっても様々です。初期の自覚症状には同じ姿勢をとるのが辛い、運動能力の低下、感覚が鈍るといったことが挙げられます。また、椎間板ヘルニアになると立ち続けたり、座りっぱなしだと辛いと感じる症状が出るようになります。しばらく安静にしていると腰痛は治まりますが、片方の足の痛みなどを感じたりします。

ヘルニアが重度になっている場合は、片側だけでなく両側に症状が出ることもあります。ひどくなると猛烈な激痛を訴えるようになり、咳やくしゃみをしただけでも激痛が起こります。このような自覚症状があらわれた場合、とりあえず病院に行くようにしましょう。椎間板ヘルニアは早期発見と早期治療がとても大切になります。

中でも立ち仕事や座り仕事など同じ姿勢を取り続ける業種で仕事をしている方は、椎間板ヘルニアになる可能性が高いです。注意するようにしましょう。初期症状が過ぎれば本格的に椎間板ヘルニアの症状が出てくるようになります。

1番代表的な症状は痛みです。以下にまとめて紹介します。
・片側の下肢痛
・腰から足先にかけてしびれや痛み
・感覚障害
・筋力の低下
・腰が冷えるような感じ

症状がひどくなると腰痛に関わることだけでなく、排尿障害などの症状まで出るようになります。ここまでくると手術しか治療方法がなくなってしまいます。ひどくなる前に治療を行うようにしましょう。とにかく気になる症状がある場合は、すぐに病院に行くことが大切です。

足の痛みと椎間板ヘルニア


アミティーザ
アミティーザならおなかのはなし.com

ランタス
ランタスなら医療関係者向けの製品情報サイトで!