足の痛みナビ TOP → 足の痛みと椎間板ヘルニア 椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニア

腰椎椎間板ヘルニアをご存知でしょうか。ヘルニアと聞くと椎間板ヘルニアが有名なのでご存じの方も多いと思います。これは椎間板の中にある髄核という部分が年齢とともに硬化することや、外的な衝撃を受けるなどが原因で本来の部分より飛び出して神経を圧迫している状態の事です。

椎間板ヘルニアは特に青年期の若い人に多くみられ、老人には少ないのが特徴です。辞書などで調べると分かると思いますが、ヘルニアは体内にある臓器などが本来あるべき部位から脱出してしまった状態のことなのです。同様に椎間板ヘルニアも本来あるべき部位から脱出してしまった状態のことです。

椎間板ヘルニアの一般的な症状は、様々で軽度の人と重度の人ではその症状は全く異なります。症状が軽い場合は、3〜4日で痛みも治まります。しかし、炎症が激しくなって膨隆が大きくなると神経痛の症状を伴います。

さらに膨隆が大きくなると激しい神経痛を感じ、検査でも陽性になります。医師に診察してもらう必要があります。強い症状になってしまうと、激しい腰の痛みやお尻から足にかけて激痛が走り、咳やくしゃみをするだけでもかなりの痛みが起こるようになります。

ただ、一口で椎間板ヘルニアと言っても部位ごとに異なります。以下に代表的なヘルニアの症状を部位ごとに簡単に紹介します。

●腰椎椎間板ヘルニア
1番多いヘルニアです。腰椎椎間板ヘルニアになると腰が痛いのはもちろんですが、ヘルニアが起こっている部分だけでなく、そこから下の部分にも症状が出ることが多いです。

●頚椎椎間板ヘルニア
頚椎椎間板ヘルニアは腰椎椎間板と症状が似ているので分かりにくいですが、頚椎椎間板ヘルニアになると首に違和感を感じたり、肩コリがひどくなったりするのが特徴です。

●鼠径ヘルニア
本来ならお腹の中にあるはずの腹膜や腸の一部が皮膚の下に出てくる症状です。