足の痛みナビ TOP → 基礎知識 外反母趾

外反母趾

外反母趾というのは簡単に言うと足の親指が外側に曲がる病気のことです。外反母趾は主に偏平足や開張足など足の形に異常があるところに、履き物や生活様式が加わることで発生すると考えられています。

この曲がりがひどくなると足が痛くて歩けなくなったり、足が変形して普通の靴を履くことが出来なくなってしまいます。それでも無理に靴を履いて足を庇うような歩き方をしていると、脚が疲れやすくなって膝や股関節まで痛むようになります。

それ以外にも足をかばって歩いていると背中を曲げて歩くようになるので姿勢が悪くなり、肩コリや頭痛まで起こるようになります。そのため、早いうちに対策をしなくてはなりません。きつい靴を履くのを止めると痛みが和らぐので治ったと勘違いする方もいますが、1度外反母趾になると自然に治ることはありません。

それどころか歩くだけで親指の曲がりが進んでしまいます。痛みが軽くなったからと油断すると数年後には変形して強い痛みが出てくることになります。注意するようにしましょう。外反母趾が進むと、親指以外の指も外側に曲がり、脱臼したりして指を伸ばすことが困難な状態になる場合もあります。

こうなると手術しか治療の方法はなくなります。手遅れになってしまった場合は手術をしても改善しないこともあります。ひどくなる前に草履や下駄を履いたり、装具を付けて外反母趾の予防に努めるようにしましょう。

基礎知識


ダッフィー
ダッフィーならダッフィースタイルで!

リキスミア
リキスミアなら医療関係者向けの製品情報サイトで!

アトピー 石けん
アトピーの石けんならa.t.nで!

遺品整理を大垣で探しましょう
遺品整理を大垣でならまごころ便利屋スマイルで!