足の痛みナビ TOP → 基礎知識 足の痛みとは

足の痛みとは

足の痛みとはなぜ起こるのでしょうか。足は常に体重で負荷がかかるところです。そのため、様々な原因で負担がかかりやすいのです。また、様々な運動やスポーツをする人にとってはとても影響を受けるところでもあり、足と関係している病気もとても多いのです。

足の痛みは、色々な原因で引き起こされます。痛みの種類も多く、痛む箇所もそれぞれ異なります。その中でも足の関節に痛みを感じる方が特に多いのではないでしょうか。身体の重量というのは、上半身から骨盤→股関節→膝に伝わっていきます。そのため、関節は負担が大きく症状が出やすい場所なのです。

運動や事故で足首を捻挫した場合は、外反母趾や扁平足などの症状が表れて足の痛みを感じるようになることもあります。また、年齢を重ねると足の関節への負担も大きくなり、体重を支える力も弱くなることで症状が出やすくなります。椅子から立つ時や階段の上り下りをする時などに痛みを感じるようになるのです。

その痛みをそのまま放っておくと他の部分にも損傷を与えることになります。足の痛みの症状が出た場合はきちんと治療をしておくことが大切です。長年にわたり足の痛みを我慢していて、結果的に治らなくなってしまったという方も中にはいらっしゃいます。

足の痛みを感じるようになった時はまず原因を知ることが大事です。自己判断せずに原因を知ることが足の痛みを軽減させるために非常に重要なことになるのです。

基礎知識


金持ち父さん貧乏父さん
http://richidad-office.com/

透析 リハビリ
透析のリハビリなら五反田ガーデンクリニック!